Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【映画】<米国人がどう思おうがいいじゃねぇか!>アジアで4冠を達成した『君の名は。』 アメリカで酷評され激励の声続出!

総合

興行収入は184億円を突破し、週末映画興行成績で11回も1位の座に輝いた『君の名は。』。
そんな同作は国内のみならず、台湾で週末興行ランキングで初登場1位となったことが話題となった。

さらにタイ、香港でも週末興行ランキングでトップを飾り、アジアで堂々の4冠を達成するという快挙を成し遂げた。
しかしアメリカのニュースサイトでは酷評されているという報告も上がっている同作。『君の名は。』の世界での評価は一体どのようなものなのだろうか。

台湾では10月21日に公開され、週末の3日間の興行成績ランキングで1位に。
台湾ではこれまでに公開された日本映画のなかで『リング』が最も高い興行収入を誇っていたのだが、今回『君の名は。』がその記録を破る形となった。
さらに11月10日にはタイ、11日には香港で公開されたのだが、タイでは約7,000万円の興行収入を記録し、
トム・ハンクス主演の映画『インフェルノ』やマーベル・スタジオ制作の実写映画『ドクター・ストレンジ』をおさえて1位の座をゲット。
香港でも週末3日間の興収が約8,000万円という好成績でランキング初登場1位となった。

4冠という輝かしい偉業を成し遂げた『君の名は。』だが、一方では厳しい評価も。
アメリカのニュースサイト「モーニングニュースUSA」において「『君の名は。』はオスカーにエントリーしたが、受賞できるか?」というタイトルで記事がアップされた。

記事の中では、「『君の名は。』は受賞するだけのものをもっているか?」と疑問を呈しており、
ディズニー作品の『ズートピア』やディズニー・ピクサー作品の『ファインディング・ドリー』のような強力な候補がいるため、「絶対に受賞できない」という声が上がっていることを報告。

これに対し日本では、「日本でこんだけヒットしてんだから十分だよ!」「海外でどう評価されようと『君の名は。』の凄さは変わらん、気にすんな」
「米国人がどう思おうがいいじゃねぇか。すごいぞ、君の名は!」と、同作の良さを改めて称賛する声が上がった。

中には「この作品はリア充じゃないと良さがわからないからな。アメリカのアニメファンは非リアが多いんだろ」
「ディズニーの方が上等だとは思わんがな。アメリカ人には受けるってことだろ」といった声も。

ちなみに「アカデミー賞 長編アニメ映画賞」における、近年のの日本アニメの成績を見ると、
2016年に『思い出のマーニー』が最終候補5作品にノミネートされるもディズニー・ピクサー作品の『インサイド・ヘッド』に敗れている。
15年には『かぐや姫の物語』がノミネートされ、ディズニー作品『ベイマックス』に敗退、2014年は『風立ちぬ』がディズニー作品『アナと雪の女王』に敗れている。
06年にも『ハウルの動く城』がノミネートするものの、ドリームワークスの『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』が受賞。

しかし2003年まで遡れば、『千と千尋の神隠し』が『リロ・アンド・スティッチ』や『アイス・エイジ』などをおさえて受賞している。
過去15年間で、日本アニメのノミネートは5回、そのうち受賞が1回。ノミネートしたのは全てジブリ作品だ。

こうして見るとオスカーではディズニー作品が圧倒的に強いことがわかる。
ただ、日本国内を見れば、歴代の興行収入で『君の名は。』よりも上に位置する米国アニメといえば、もはや『アナと雪の女王』のみ。

日本でディズニー作品が、常に無双しているというわけでもないことを考えると、『君の名は。』がアカデミー賞の最終候補作品に入らなかったとしても、
アニメ文化の違いということで、特に気にする必要はないかもしれない。

アジア圏で同作が結果を残しているということは、日本アニメへの理解がある程度ある国にはすごく受け入れやすいというなのだろう。

11/19(土) 11:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161119-00010001-otapolz-ent